(新)元祖脇肉キャッチャーver2.0 口コミレビュー/苦しくない補正下着

元祖脇肉キャッチャーver2.0 口コミレビュー

元祖脇肉キャッチャーの新バージョンが登場

補正下着界で有名なHeaven Japanの「脇肉キャッチャーシリーズ」。

✔おデブな私でもサイズがある(B65~H90)
✔補正力がしっかりしてる
✔値段も手頃

という3拍子が揃っており、普段から愛用しているブラジャーです。

今まで特に特上脇肉キャッチャー がお気に入りでしたが、今回元祖脇肉キャッチャーがリニューアルされました✨

コレ、元祖脇肉キャッチャーの補正力は保ちつつ、着心地がめっちゃ良くなった!

あとバストのシルエットは今回の元祖脇肉キャッチャーver2.0が1番好きになりました。(丸みのある寄せ上げ感)

着心地・補正力・サイズ感や以前と変わったと思う点など、写真を含めまとめてみました。

ぽっちゃり的実際に使ってみた感想

デザインが可愛くなった

元祖脇肉キャッチャーver2.0

元祖脇肉キャッチャーver2.0のカラー展開はブラックとピンクの2色。

特にピンクは落ち着いた色で、白のレースが大人可愛い♥

正直脇肉キャッチャーはデザインというより、機能面で好きだったけどコレは付けるとテンションが上がる可愛さ。

今までのデザインが少し…と思ってた方には是非このピンク使ってみて欲しいです。

安定の脇肉・背肉キャッチ力

脇高設計 手のサイズと比較

今までの脇肉キャッチャーシリーズ通り、脇高な設計は変わらず。その高さ、ほぼ手と同じ長さ。(なかなか大きいよ)

しっかり脇肉も背中肉もキャッチしてくれます。

私みたいなお肉たっぷりの背中でも、変なボコっと肉がはみ出ず、全体を抑えてくれる感じです。

3ホックでしっかり脇肉サポート

寄せて上げてプリっと丸みのあるバストに

着用後すぐに感じれる「脇肉キャッチ力寄せ上げ力

え、私の胸ってこんな高い位置だったけ…?と錯覚させてくれます。

丸みのあるラインが自然な胸の形に。

元祖脇肉キャッチャーの肩紐

肩紐も太めなので、肩に食い込まないよ~~←コレ、地味に重要!!

着心地が柔らかい

脇肉キャッチャー サイドパネル

以前の元祖脇肉キャッチャーに比べて、サイドパネルの部分が内臓になったので、より着心地が良くなった感じがします。

今までの元祖脇肉キャッチャーは胸がプリっと綺麗に見えてくれる所は良かったけど、少し着心地が固いかな~と思ってました。

今回のバージョンアップタイプは補正力はそのままで、着心地がめちゃくちゃ良くなった。柔らかい!!!

脇肉キャッチャー 柔らかい生地

ワイヤーの当たりも柔らかく感じます。

元祖脇肉キャッチャーver2.0のサイズ感

元祖脇肉キャッチャーver2.0 サイズ表

引用:HEAVEN Japan
私は脇肉キャッチャーでは、他社のブラジャーよりカップは1つサイズを上げてちょうどよい感じです。

脇肉も胸にしてくれる脇肉キャッチャーなので、脇肉が多い方は1~2サイズアップされた方がいいかと思います。

サイズ交換も無料なので、まずはこれかな?というサイズでお試しになれてみるといいと思います。

脇肉キャッチャーは結局どの種類がいい?

脇肉キャッチャー 種類比較

脇肉キャッチャーは、元祖・特上の2つどっちにしようか悩まれる方も多いと思います。

私は元々、着心地が柔らかいのが好きな人は特上、よりしっかり補正したい方は元祖、と思ってたんですが、今回の新バージョンは着心地がかなり楽になったので、着心地だけではどっちがいいか決めにくい…。

ただ、特上脇肉キャッチャーのサイドパネルの部分が苦手、という方は新バージョンの元祖がいいかも!

バストのシルエットは新元祖脇肉キャッチャーの方が、より丸みが出る感じがします。

特上脇肉キャッチャーだとお肉が柔らかくて流れやすい…という方は元祖の方がいいかも。

ちょっと話がややこしくなってしまいましたが、初めて脇肉キャッチャーを購入する…!という方は、元祖脇肉キャッチャーver2.0から試してみるのがいいのでは、と思います。

新!元祖脇肉キャッチャー商品ページ

特上脇肉キャッチャー商品ページ

進化した脇肉キャッチャー補正下着をお探しの方にぜひ

付けた瞬間、上がる!寄せられてる!綺麗!!が実感できる脇肉キャッチャー。

同じ服でもバストのラインやシルエットが変わるだけで、若く見えたり痩せて見えたり、良いことずくし。

下着選びって本当に大切。

補正下着付けたいけど、着心地が不安…という方。

新しくなった元祖脇肉キャッチャーver2.0をお試しになってみてください。

公式サイトだと初回500円オフ&返品交換無料です。
元祖脇肉キャッチャーver2.0を500円オフで購入はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す